MONO.LOGUES is an alternative space comprised of two elements, a viewing term When artworks are on display all the time, and a project term utilized for exhibitions.

 

We welcome the interaction of autonomous individuals, like artists and curators in and out of Japan who hold their own values of the standard, and try to realize its phenomenon in the project term.

 

Our aim is to develop a unique and specific culture from this alternative space, having a clear grasp of a horizontal line of the same times and a vertical line of Art history.


MONO.LOGUES(モノローグス)は常時作品が観覧できるビューイング期間と、企画展示などを行うプロジェクト期間の二つの要素から構成されています。

プロジェクト期間では、ぶれない価値基準を持った国内外の芸術家やキュレーターなど自律した「個」を交ぜ合わせ、多声的な現象を模索していきます。

そして“同時代”という横の線と、美術史という縦の線を把握しながら、この場所から特異的な文化の発展を目指します。