MONO.LOGUES(モノローグス)は常時作品が観覧できる予約制のビューイング・スペースと、企画展示などを行うプロジェクト・スペースの二つの要素から構成されています。

プロジェクト・スペースでは、ぶれない価値基準を持った国内外の芸術家やキュレーターなど自律した「個」を交ぜ合わせ、多声的な現象を模索していきます。

そして“同時代”という横の線と、美術史という縦の線を把握しながら、この場所から特異的な文化の発展を目指します。